2006/11/25

EAR 859



今回は過去に使っていたアンプの紹介です。
今のアンプセット(Citaion XXPThreshold STASIS-2)の1つ前に使っていたのが、このプリメインアンプ。
ホントはZIA FUSION+EAR 859+Acustik-Lab STELLA Melodyの組み合わせで使う予定の機器だったのですが、ひょんなことから、CelestionのSL700に手を出してしまい、それがこのアンプとのお別れのきっかけでした・・・。

オーヲタ世界の住人にはあまりにも有名な、ご存知、ティム・デ・パラヴィッチーニ氏作のプリメインアンプ。
薄型筐体ですが、重量は約19kgもある、割と重量級♪
・・・人によっては、軽量級だ!!って人もいるでしょうが、一人で運ぶときに腰が”ギックリ”いいそうなアンプは押しなべて重量級です。(さもえど理論)

クロームメッキの仕上げは、だいぶ個人の好みに左右されそうな気もしますが、さもえど的にはお気に入りで、音も”奏でる”感じの独特の雰囲気を持ってました。
ボーカル系も不思議と”奏でる”雰囲気があり、女性ボーカル大好き人間の私としては、正直、手放すのが惜しかったものです。

13W+13Wという、(トランジスタアンプに較べれば)小出力でしたが、それを感じさせない駆動力と、現代的な(トランジスタアンプ並みに)クリアな音を合わせ持っているアンプという印象です。
オマケに、この小出力でCelestionのSL700を(さもえど的に)ソコソコ鳴らしてくれていたので、満足度はとても高かったですね。♪

このアンプを手に入れた時には、”当分手放さねぇ!!”って思ったもんですが、駆動力のあるアンプでSL700を鳴らした時の魅力に負けちゃいました。^^;
それがなければ、今でもずっと使ってたと思う、所謂”良いアンプ”だと思います。

詳細スペックはこちらから♪
Check にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ にほんブログ村

1 件のコメント:

杉ちゃん さんのコメント...

さもえどの様
杉ちゃんです。EAR859を使ってらっしゃったのですか?、私もルーツさんから試聴に借りたとき、本気でそのまま買い取ろうかと思いました。・・・・じゃ、何故諦めたかと言いますと、出力管EL519の補充がきかないのとエンハンスドトライオード回路が出力管に相当無理を強いていることが分かったからです。(
あの300Bでもシングルでは8Wです。)

それと,こじつけ的になりますがB&W802のダブルWには、非力・・・ということにして
ルーツさんに後ろ髪引かれる思いで、返却!